延暦寺について

祖師

伝教大師

denkyoutaishi一乗止観院(根本中堂)を創建して比叡山を開山し、入唐求法の後、天台宗を開いたのは、伝教大師最澄上人(766~822)であり、天台宗では「宗祖」と仰いでいます。 最澄の宝号は「南無根本伝教大師福聚金剛」といい、正式には「南無円戒高祖一乗禅密根本伝教大師福聚金剛」と称しています。


天台大師

denkyoutaishi最澄が天台宗を開くに当って用いた「天台」の名は、中国浙江省にある天台山で悟りを得た天台大師智顗(538~597)よりとったもので、日本天台宗では天台大師を「高祖」と仰いでいます。 智顗の宝号は、隋の晋王広(後の煬帝)より「智者」の号を賜ったので「南無天台智者大師」と称しています。


天台の祖師 比叡山から輩出した主要な祖師

修禅大師義真 781~833 初代座主
寂光大師円澄 771~836 第2世座主、比叡山西塔を開く
別当大師光定 779~858 大乗戒独立に尽力
慈覚大師円仁 794~864 第3世座主、比叡山横川を開く
智証大師円珍 814~891 第5世座主、園城寺を天台別院とする
五大院安然 841~902 天台密教を大成
建立大師相応 831~918 回峰行の始祖
元三慈恵大師良源 912~985 第18世座主、比叡山中興の祖
恵心僧都源信 942~1017 叡山浄土教を確立
檀那院覚運 953~1007 檀那流の祖
兜率先徳覚超 960~1034 川流の祖
谷阿闍梨皇慶 977~1049 谷流の祖
宝地房証真 ~1214頃 叡山中古の学匠
慈鎮和尚慈円 1155~1225 第62・65・69・71世座主、歌人歴史家
慈眼大師天海 1536~1643 比叡山再興、東叡山寛永寺創建、山王一実神道提唱
霊空光謙 1652~1739 安楽律提唱

各宗の開祖 比叡山で修行して各宗を開く

聖応大師良忍 1073~1132 融通念仏宗
円光大師源空(法然) 1133~1212 浄土宗
見真大師親鸞 1173~1262 浄土真宗本願寺派、真宗大谷派など
円照大師真智(一遍) 1239~1289 時宗
千光祖師栄西 1141~1215 臨済宗
承陽大師道元 1200~1253 曹洞宗
立正大師日蓮 1222~1282 日蓮各宗
慈摂大師真盛 1443~1495 天台真盛宗