お知らせ

世界文化遺産「比叡山延暦寺」連続セミナー


比叡山延暦寺の荘厳な雰囲気のなかで約1200年の時をかけ、
はぐくみ築きあげた日本天台宗と延暦寺の文化の魅力を紐解きます。


開催概要

2017年3月18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)
時間:開場 午後12時30分 開演 午後13時30分~
会場:延暦寺会館 大ホール(比叡山延暦寺東塔)
(※各日先着80名様、参加費無料)

お問い合わせ先
比叡山延暦寺連続セミナー 開催事務局(株式会社Jプロデュース)
TEL:06-4964-8857 (10:00~17:00、土・日・祝を除く)

第1回:2017年3月18日(土)13:30~14:30

比叡山延暦寺における「修行」について

講師
比叡山十二年籠山行遂業 円竜院住職:宮本 祖豊 師

延暦寺は今もなお苛酷な修行を実践する山修山学の道場です。修行の双璧をなすのが千日回峰行と十二年籠山行です。前者が「動」の修行なら、浄土院に籠り12年間俗世とも断絶して伝教大師が生きておられるかのようにお仕えする十二年籠山行は「静」の修行です。この十二年籠山行を遂業された宮本祖豊師から、浄土院の歴史、「好相行」の成り立ちなど、延暦寺における「行」についてお話いただきます。

第2回:2017年3月19日(日)13:30~14:30

恵心僧都『源信』について

講師
叡山学院教授 天台宗勧学 求法寺住職:武 覚超 師

昨年、入滅後一千年御遠忌を迎えた恵心僧都源信に焦点をあて、武覚超師よりお話を伺います。源信は『往生要集』を著し、また念仏結社や迎講を結成して叡山浄土教を大成された僧都です。のちに法然上人、親鸞聖人、真盛上人など浄土念仏の祖師方を比叡山から輩出する礎を築かれました。一方「一乗要決」を著して霊山釈迦講を始終するなど、法華信仰を宣布され、「朝題目夕念仏」という天台仏教の伝統を育まれました。

第3回:2017年3月20日(月・祝)13:30~14:30

建立大師『相応』について

講師
北嶺大行満大阿闍梨 大乗院住職:光永 圓道 師

今年は建立大師相応和尚の入滅後一千百年御遠忌を迎えます。相応和尚は(役小角の南山修験に対して)北嶺修験の創始者であり、現在の千日回峰行の基礎を創られました。平成21年千日回峰行を満行された光永圓道師より相応和尚のお話を伺います。相応和尚の足跡を辿り、常不軽菩薩の教えにはじまり、供花、葛川参籠、不動明王の信仰、山王信仰、加持祈祷など、信仰をかたちづくった偉大な業績を紐解いていただきます。


お申込み方法

参加ご希望の方はwebか往復ハガキにてお申込みください。
※3講座とも受講可能ですが、それぞれお申込み先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。

webによるお申込み

下記へアクセスしてweb画面より申込手続きを完了させてください。
世界文化遺産 比叡山延暦寺連続セミナー 特設サイト

往復ハガキによるお申込み

往復ハガキを郵便局で購入し、以下の要素をご記入の上投函してください。
お一人様につき、往復ハガキ1枚でお申込みください。
※ご招待者様の発表は、「参加証」の返信・発送をもって替えさせて頂きます。

往信用表面

下記の住所と宛先をご記入ください。

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル6階
株式会社Jプロデュース内
比叡山延暦寺連続セミナー開催事務局 行

往信用裏面

以下7項目をご記入ください。

  • ご希望の日とセミナー名(記入例:3月19日(日)/恵心僧都「源信」について)
  • お申込み者氏名(ふりがなをふってください)
  • 年齢
  • 性別
  • ご連絡がとれる電話番号(携帯番号でもかまいません)
  • ご住所
  • 本セミナーをどちらでお知りになりましたか?
返信用表面

ご返信の宛先として、お申込み者様のご住所と郵便番号、お名前をご記入ください。
※返信用裏面は無地のままでお願いします。

※12歳未満のお子様連れのご参加はご遠慮ください。
※お申込みの際ご記入の個人情報は、比叡山延暦寺連続セミナー開催事務局(株式会社Jプロデュース)にて適切な管理のもと、本イベントに限り、弊事務局にて利用いたします。