境内案内

国宝殿

東塔地域延暦寺バスセンターの近くにあり、延暦寺に伝来する数多くの仏像・仏画・書跡等の文化財を保管するための施設です。中には国宝や重要文化財に指定されているものも多く、延暦寺の歴史の一端に触れることができます。

kokuhouden「国宝殿」という名称は、伝教大師最澄が著わした『山家学生式』の中の「一隅を照らす。これ則ち国宝なり。」という言葉から名づけました。伝教大師は、「国宝」とは物ではなく、人の心であると述べています。参拝者の皆様に、延暦寺の文化財を通じて「こころ」を見直す場となることを願っています。


常設展「仏教美術と信仰」

展示内容
重文 千手観音菩薩立像
(9世紀)
重文 多聞天立像・広目天立像
(10世紀)
重文 慈恵大師坐像
(重文・1256)
●釈迦如来坐像(12世紀)
●阿弥陀二十五菩薩来迎図厨子(15世紀)

jousetdu

主な収蔵品

展示内容
国宝 天台法華宗年分縁起 伝教大師筆
平安時代(9世紀)
国宝 光定戒牒 嵯峨天皇筆
弘仁14年(823)
重文 薬師如来坐像
平安時代(10世紀)
重文 五大明王像
鎌倉時代(13世紀)
ほか(※収蔵品は適宜展示入替えをしています)

shuzouhin

国宝殿 開館時間・拝観料

開館時間
3月~11月 8時30分〜16時30分
12月 9時〜16時
1月~2月 9時〜16時30分
拝観料
  大人 中高生 小学生
個人 500円 300円 100円
団体(30名~) 400円 200円